1938年アメリカ・コネティカット州生まれ。
舞台俳優としてキャリアをスタートし、75年「カッコーの巣の上で」で映画デビュー。
TVシリーズ「Taxi(原題)」(78~83)に出演し、エミー賞を2回受賞する。85年に大ヒット作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役で世界的に有名になる。その後も、「ロジャー・ラビット」(88)や、「アダムス・ファミリー」(91、93)で存在感を放つ一方、「エイト・メン・アウト」(88)、「デンバーに死す時」(95)などのドラマ作品にも多数出演。

1997年アメリカ・オレゴン州生まれ。
レイチェル・ワイズ、エイディアン・ブロディ主演のクライム・コメディ「ブラザーズ・ブルーム」(2008)で映画デビュー。
9歳の時に、名作絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」で主役マックスを演じ、天才子役として世界中から注目を集める。この演技で、第15回放送映画批評家協会賞で若手俳優賞にノミネートされた。本作は「ピンチ・シッター」(2011)からおよそ5年ぶりの映画出演となる。

シリアルキラー展Ⅱ 特別展示/HNコレクション | ヴァニラ画廊 本作品にも登場するデニス・レーダーも展示!(※前期のみ)

松竹エクストリームセレクション連動トリプルキャンペーン実施決定! 映画『ジェーン・ドウの解剖』との連動キャンペーン実施決定!