アイム・ノット・シリアルキラー
MOVIXあまがさき 秋のエクストリームキャンペーン

アメリカの田舎町に暮らす16歳の少年・ジョン。
葬儀屋を経営する家庭に育ち、その影響なのか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス(社会病質者)と診断される。
そんなある日、彼の住む町で謎の連続殺人事件が発生し、その死体が自宅の葬儀屋に運び込まれる。その死体は切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていたのだ。それを見たジョンは猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感し、強い興味を示し始める・・・。
自ら調査に乗り出したジョンは、偶然にも殺人現場を目撃し、連続殺人鬼の正体を知ることになる。なんと隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!
ジョンは自身の奥底に眠る衝動的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこの連続殺人鬼を阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死闘が始まる。

主演は「かいじゅうたちのいるところ」で主役を演じ、次世代のスターと注目を集めるマックス・レコーズ。ソシオパス<殺人予備軍>である主人公・ジョンの心の葛藤を見事に演じている。
そのジョンと対峙するシリアルキラーを演じるのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役でお馴染みのクリストファー・ロイド。不気味なシリアルキラーを怪演している。
またシッチェス・カタロニア国際映画祭<パノラマ観客賞>を受賞したほか、世界の映画祭で上映され高い評価を獲得している。

キャスト

1938年アメリカ・コネティカット州生まれ。
舞台俳優としてキャリアをスタートし、75年「カッコーの巣の上で」で映画デビュー。
TVシリーズ「Taxi(原題)」(78~83)に出演し、エミー賞を2回受賞する。85年に大ヒット作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役で世界的に有名になる。その後も、「ロジャー・ラビット」(88)や、「アダムス・ファミリー」(91、93)で存在感を放つ一方、「エイト・メン・アウト」(88)、「デンバーに死す時」(95)などのドラマ作品にも多数出演。

1997年アメリカ・オレゴン州生まれ。
レイチェル・ワイズ、エイディアン・ブロディ主演のクライム・コメディ「ブラザーズ・ブルーム」(2008)で映画デビュー。
9歳の時に、名作絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」で主役マックスを演じ、天才子役として世界中から注目を集める。この演技で、第15回放送映画批評家協会賞で若手俳優賞にノミネートされた。本作は「ピンチ・シッター」(2011)からおよそ5年ぶりの映画出演となる。

劇場情報
劇場名
上映開始日
終了日
お問い合わせ先

■北海道

ディノスシネマズ札幌劇場
08月12日
8月18日
011-241-9911

■宮城

チネ・ラヴィータ
7月22日
7月28日
022-299-5555

■東京

シネマカリテ
6月10日
7月7日
03-3352-5645
池袋・シネマロサ
07月08日
7月21日
03-3986-3713
アップリンク
07月22日
7月28日
03-6825-5503

■神奈川

ジャック&ベティ
09月30日
10月06日

■埼玉

ユナイテッド・シネマ新座
09月30日
10月13日
0570-783-411
シネプレックス幸手
09月30日
10月13日
0570-783-733

■静岡

静岡東宝会館
09月23日
10月06日

■愛知

シネマスコーレ
6月24日
7月7日
052-452-6036

■兵庫

Cinema KOBE
08月19日
9月1日
078-531-6607
MOVIXあまがさき
09月09日
9月22日
06-4960-7500

■大阪

シネ・リーブル梅田
6月17日
未定
06-6440-5930

■岡山

岡山メルパ
6月17日
6月30日
086-221-0122

■沖縄

ミハマ7プレックス
6月24日
7月7日
098-936-7600

シリアルキラー展Ⅱ 特別展示/HNコレクション | ヴァニラ画廊

松竹エクストリームセレクション連動トリプルキャンペーン実施決定!